中古物件の不動産投資について

不動産投資をおこなう場合、まず収益物件を手に入れる必要がありますが、どのような物件がいいのか気になるところです。そして新築物件に比べて中古物件のほうがやりやすい点がいくつかあります。そのため不動産投資を始めるのであれば、まず中古物件に投資してみるといいでしょう。

そこで中古物件への不動産投資をするにおいて、どのような点がやりやすいのかというとすでに入居者がいる状態なので、収益物件を手に入れた直後から家賃収入を得ることができます。新築物件の場合、購入した段階ではまだ入居者はいません。そのため業者にお願いして、入居者を募集するのが一般的です。この間家賃収入を得ることができず、中古物件に比べると収益が伸びません。

また中古物件の場合、減価償却費の計上額が多くなります。これにより経費が多くなるので、所得を抑えることも可能です。所得を少なくすることが出来れば支払う税金も抑えられるので、より多くの利益を得ることができます。

ほかには、不動産投資用の中古物件を購入する場合、あらかじめ物件や入居者の状況を確認することができます。これにより物件の特徴をしっかり把握することが出来、効果的に収入物件を手に入れられます。